リモート出演

ストリーミングインターフェイス

Panorama+

​パノラマ・プラス

リモート出演 それは従来のライブショーの運用スタイルに求められている変革です。

自宅や出張先等、放送局から離れた場所から携帯電話、IPカメラ、PC等にインストールしたビデオ通話アプリケーションを介して出演者の映像と音声を放送局へ伝送してニュースワイド等のライブショーに出演してもらい、従来通りのインターラクティヴな演出を維持する。

チャンネルインナボックスのIP入出力オプションコンポーネント『パノラマ・プラス』はすばり、この機能と 運用をすべての放送事業者様へお届けします。

パノラマ・プラスはWebビデオ会議アプリケーションであるSkype、ライン、Zoomを搭載したPCとパノラマ・プラスappを搭載したPCで構成し、これらWebミーティングを使用しているあらゆるモバイル・PCデバイスからのストリーミング動画映像・音声を放送局側で最大25人の出演者まで同時に管理できます。

各出演者の映像をSDIあるいはHDMIとして扱うので既存の中継用スイッチャへそのまま接続可能であり、導入したその日から稼働させることができます。

お客様の保有機材を活用してライブショー、討論会、カラオケ競技等 主演者が必要な番組をリモート出演に容易に切り替えられます。

​機能

☑ Webビデオ会議アプリケーション上の出演者映像音声をSDIあるいはHDMIとして抽出

Skype*1、LINE、ZOOMのWebビデオ会議アプリケーション*2に対応

☑ IP中継装置、YOUTUBE等のIPストリーミングソース*3をSDIあるいはHDMIとして抽出

☑ サブPGM出力をH.264ストリーミングにより主演者へ送信
☑ パノラマ+PC1台当たり最大25*4出演者までの構成が可能、さらにスタッカブルに構成の拡張可能

☑ 本体のディスプレイポートから各出演者映像をモニター用としてマルチビューワイメージ表示 

☑ 4k解像度に対応

☑ アップダウンスケーリングとアスペクト比変換

☑ フレームレート変換
☑ VUメータ、オーディオレベル調整、クロップ、フィールドの調整
☑ プラグイン 複数入力レコーディング機能
☑ 統合警告システム

☑ SMPTE ST2110、2022-6、2022-7のサポート*5
*1 SkypeにおいてはNDIを使用しています

*2 Web会議アプリケーション毎に独立したPCが必要

*3WebRTC, SRT, RTP pro-mpeg, HLS, RTMP, RTSP, UDP, IIS smooth, WM streamingに対応
*4 1台のパノラマ+で構成可能なストリーム数はストリーム種類とビットレートにより変わります

*5 専用のストリーミングボード(AJA/BlueFish)は別途購入

外観は推奨機を使用した場合であり、使用条件により変わります。

​ハードェア機能要件 (HD 6chの場合)

ハードウェアメーカー     hpe と DELL

CPU                            Intel i9 9900K

GPU                            NVIDIA P2000同等以上

RAM                           32GB (4x8GB) DDR4 2,666MHz ECC

Boot                           M.2 250GB NVMe PCIe ソリッドステートドライブ

メディアストレージ       1TB NVMe SSD *オプション

ビデオ入出力                7出力 HD-SDIカード1枚搭載 

                                  NDI/RTMP/HLS 等のライブストリーム* 10Gbsイーサネット端子

ハードウェアは上記仕様に基づいてお客様のご要望によりカスタマイズ可能