top of page

APC ビデオサーバ MAMグラフィック
統合型番組自動送出装置

 ダイナモ(Dynamo)は1台の筐体でHD品質最大6チャンネルまでのリニア送出が行えるチャンネルインナボックス番組自動送出システムであり、ケーブルテレビコミュニティチャンネル放送、DTH、IPTVの番組送出業務に最適。

ダイナモはSDIルータを使用したHD/SDまたは4K送出とSRT,NDI®︎, WebRTC, RTMP, HLS, DVB-TSを入出力としたIPストリーミングサイマル送出も可能、まさに現在の環境に適合したハイブリッドな番組自動送出システム

最大6チャンネル分の各社OFDMヘッドエンドに対応したプレイリストマネージメント、送出制御、ビデオサーバー、 グラフィックス、そしてメディアアセットマネージメント機能を統合しており、ダイナモ1台でマスターコントロールルーム全機能を実現

放送局のオペレータは1台あるいは複数台の端末からWEBコントロールによりインターネット接続環境下であればクライアントPCのOSに依存せず、異なる作業を同時に何処からでも完全なコントロールとモニタリングができます

24時間365日の遠隔ソフトウェアサポートとhpあるいはDELL社より、即日対応・最長7年間のハードウェア訪問保守を可能なので、スペアパーツを保有をする必要もありません。
ダイナモが持つ機能統合化、小型化、簡素化、少配線化、省電力化、リモートワーク環境、丁寧なサポートはチャンネルの運用コストを大幅に引き下げ、収益の上昇をもたらします。
dynamo%E6%A7%8B%E6%88%90%E5%9B%B3web_edi

​送出機能

​☑ 単体でHD & 4K & IPストリーミング、さらにサイマルキャスト*1送出が可能

​☑ 1台で最大6 HDチャンネルの送出が可能*2

☑ ビデオファイル、SDI、ストリーミング素材、静止画スライドショーを

    シーレスに送出
☑ ビデオファイル、全てのSDIルータソース、IPストリーミング素材にロゴ、

    L字イメージ、時刻表示等のグラフィック重畳が可能*3

☑ チャンネル出力解像度に応じて自動Up/Downスケーリングとアスペクト変換
☑ Oxtelグラフィックテンプレート(oxa,oxa,animated oxaの再生)
☑ 録画中ビデオファイルのMarkIn/Out再生
☑ SDIルータ、マスターコントロールスイッチャの制御

    (Blackmagic ビデオトロン イメージニクス Imagine GVG)

    上記以外のブランドのルータの制御もご要望により承れます。

dynamo_6ch BOSS screen

​☑ 単体でHD & 4K & IPストリーミング、さらにサイマルキャスト*1送出が可能
☑ SCTE35の検出によるCM枠再生*別途開発が必要
☑ NTP基準時計
☑ BlackBirst GenLock
☑ マルチレベル冗長オプションによるプレイリストとメディアファイルの同期
*4

☑ SDI、IPをリソース、チャンネル出力として再起動無しにアサイン可能

*1 サイマルキャスト送出はSDIとNDI、SDIとIPストリーミング(DVB TS, H264, H265 codecs, SRT, WebRTC, RTMP, SRT, UDP, HLS protocol, SMPTE ST2110, 2022-6 and 2022-7)に対応
*2 XDCAMHD50mbpsの場合

*3 入出力間のプロセスによる遅延は4フレームから7フレーム

*4 マルチレベル同期は冗長システム導入時の機能

Dynamo 4 channel BOSS screen

Dynamo BOSSスクリーン

​BuiltーIn NDIインターフェイス(INPUT)

番組とCM編成

☑ プレイリスト作成・編集完了時、各社OFDMに適合したEPG自動生成​

☑ 素材無でプレイリストの先行作成

☑ 編成時に素材のプロキシプレビューが可能

☑ 同一画面内で複数チャンネルの番組編成

☑ オンエア中の番組枠とイベントをハイライトで視覚表示
☑ 編成済番組あるいはCM枠内の素材一括変更

☑ 指定期間・契約条件に基づいた素材の組み込み

​BuiltーIn NDIインターフェイス(OUTPUT)

独自の祝祭日設定

☑ 帯・エピソード編成

☑ まだら編成

☑ 放送中番組枠内のネクストイベントの変更

☑ 日毎のプレイリスト間の連続性の検査と事前警告

☑ 異なるチャネル間でアイテムをドラッグ&ドロップ

☑ プレイリストから独立したロゴ・L字・時刻表示等のCG実行ルール作成

プレイリストマネージメント

☑ マルチチャネルWebコントロールプレイリスト
☑ ビデオプレビュー統合プレイリストマネージャー
☑ Logo/L字等の高度なセカンダリイベント管理
☑ インポート<->エクスポート機能
☑ プレイアウトエンジンのフルコントロール
☑ 異なるチャネル間で放送素材をドラッグ&ドロップ
☑ オンエアプレイリストの編集時、オンエアと先行2つのイベントを

    ハイライト表示し、誤編集防止
☑ GFXとDVE用の直感的操作が可能なCGコンポーザー
☑ 複雑なGFXスケジューリング管理用の専用ビュー
☑ プレイアウトエンジンのフルコントロール

playlist control 4 channels
Screenshot 2020-05-14 at 13.14.27
playlist one running
playlist editor one channel
Playlist 4 channels running with preview
Playlist 4 channels running with preview
JP playlist control 4 channels
secondary events timeline

​メディアアセットマネージメント

☑ 自動メタデータ登録機能
☑ ブラウジング、編集、ロギング、チェックイン、移動、
トランスコード
☑ インジェストファイルに対する自動QC

☑ XenDataアーカイブとの統合によるLTO/ODA間のアーカイビング操作
☑ マルチサイト管理

☑ サブクリップ、EDL、メタデータ管理

☑ 複数のストレージプールを管理

☑ サードパーティプラグインのAPI統合

☑ マルチテナントシステム

​監視と警報

☑ 全情報をユーザフレンドリーな1つのUIに表示
☑ ワークフローに対するインフラストラクチャの使用率
☑ SNMPプロトコルサポート
☑ 電子メール、SMS、そして他のメッセージシステムを経由したプレイリスト

   イベント(未到着素材、未送出、メタデータ不一致)とハードウェア警告

☑ 全てのワークステーションのステータスをリアルタイムで収集

☑ ファイル、TCP/ IP、デバイスステータス監視

​インジェスト

ファイル転送素材のメタデータ自動登録
☑ ファイル転送素材のMD5検証と自動QC  *自動QCのみオプション
☑ スケジュール録画とオープンエンド可能なオンザフライ録画
☑ SDIルータ上のSDIソース、IPソースの録画

☑ 遅延放送やコンフィデンスチェック再生
*MXF XDCAMとMOV
☑ 録画するファイル名の自動生成
☑ 同名ファイル名での上書き

​ハードェア機能要件 (HD 1chの場合)

ハードウェアメーカー     hpe と DELL
CPU                            Intel i9-9900K構成
GPU                            NVIDIA P1000同等以上
RAM                           32GB (4x8GB) DDR4 2,666MHz ECC
Boot                           M.2 250GB NVMe PCIe ソリッドステートドライブ
メディアストレージ       2TBまたは4TB 2.5インチSATA3.0 MLCまたはTLC  参照機種Samsung 860QVO 
                                  RAID5またはRAID1構成で提供可能
ビデオ入出力                2入力/2出力 *HD-SDIの場合
                                  NDI/WebRTC/RTMP/HLS 等のライブストリーム* 1Gbsイーサネット端子
電源                            冗長化                                 

本製品は当社エンドユーザ使用許諾対象となります。許諾条件ついてはエンドユーザ使用許諾ページをご覧ください。
bottom of page