​諸島・離島、山間部の
小規模ケーブルテレビ局に最適な
​統合型番組自動送出システム

Master Control In-A-Box​

テクラシステムズのチャンネル・イン・ナ・ボックス『T-PLAY』は諸島・離島 、山間部等の小規模な導入コストに非常に制約のあるケーブルテレビ局とサイネージュオペレータに地上波と同じプレイアウト機能を提供できる統合型番組自動送出システム。

市販されているコスト・性能・安定性に優れたビデオ入出力インターフェイスとマルチコアCPUのワークステーションPCをプラットフォームとして採用し、インジェストからプレイアウト、グラフィックスを稼働させるエンジンであるソフトウェアは長年培った経験をもとに設計されています。

1920×1080(2K)から3840×2160(4K)のまでの解像度で番組送出をわずか1RUスペースで提供します。

4Kのトライアル放送を計画されているケーブルテレビオペレータ様には1RUPCサーバを使用した

パッケージも用意されており、驚くべき低価格で4K 12G-SDIのプレイアウトを提供します。

マスターコントロールルームの全てのワークフローが内蔵された『T-PLAY』は他社が提供するセットトップボックスを使用した送出システムに対して価格、機能、性能、運用制限から解放される番組自動送出システムパッケージです。

​アプリケーション例

  • プレイリストに基づく、メディア、回線、グラフィックス   

     イベント送出

  • メディア、回線イベントにテロップ・時計・ロゴ・L字グラフィックスの重畳 (プレイリスト)

  • 送出中のメディア、回線イベントにテロップ・時計・ロゴ・   L字グラフィックスの重畳 (オン・ザ・フライ)

  • 回線ソースルーティングスイッチャの制御(送出と録画)

  • インターネットストリーミング、ベースバンド、NDIを放送 素材が放送ソースとして使用可能

  • ​ベースバンドとストリーミングのサイマルキャスト放送

  • オンザフライとスケジュール録画

  • アンタイム、シーケンシャル、確定 3つのイベントタイプ

  • ベースバンドルータ、インターネットストリーミング、メディアファイル素材から選択可能な自動フィラー送出(未着素材・イベント切れ)

  • OAイベント出力のリアルタイム・デスクトップモニタリング

  • ラウドネス(TR-B32)コントロール

  • ​メディアファイルの仮想分割(マルチセグメント)

  • 複数のイベントを1つのイベントとして管理可能なブロック  イベント

  • イベント間のギャップを自動的に埋める自動フィラー

  • EPG自動生成とアップロード(まだら編成可能)*option

  • オンプレミス(ローカルストレージ)とネットワークストレージ間でのメディア自動転送

  • ​様々なフェイルセーフオプションの提供                              *ファイルセーフ欄を参照ください。

​機能

​性能

  • マルチフォーマット入出力

SD : 525i59.94 (NTSC)

HD 1280×720   : 720p60, 720p59.94, 720p50,

HD 1920×1080 : 1080i60, 1080i59.94, 1080i50, 1080p30, 1080p29.97, 1080p25, 1080psf30,                                              1080psf29.97, 1080psf25, 1080p60, 1080p59.94, 1080p50.

2K 2048×1080 : 1080p30, 1080p29.97, 1080p25, 1080psf30, 1080psf29.97, 1080psf25, 1080p60,                                      1080p59.94, 1080p50,

        4K 3840×2160  4096×2160, in 8 or 10-bit, 2 Sample Interleave or Square Division

                         : 2160p60, 2160p59.94, 2160p50, 2160p30, 2160p29.97, 2160p25, 2160p24,

                           2160p23.98

  • ​マルチビデオコーディック

MPEG1 / MPEG2 / H.264, MPEG4 AVC (intra e Long-GOP)
HEVC (intra Long-GOP) / H265, XAVC (intra class 300 or Long-GOP),
ProRes 4:2:2 HQ, HDV, DV, DVCPro, DVCPro HD 

AVI, MPEG, MP4 WMV, ts, Quick Time (mov) ,MXF, LXF, GXF, SAF

NUCモデル
​小規模ケーブルテレビ向け実装例
1RU PCサーバ版
​4K放送向け実装例

​ファイルセーフ(リダンダンシーと冗長機能)

  1. 入力信号ハードウェアバイパス​

     サーバー機電源遮断、アプリケーション停止時にパススルー端子へ入力された外部回線信号をそのままオンエア出力にします。

     コーディックハードウェアにリレーバイパス機能を搭載します。

2.機能分散

     T-PLAYが搭載しているプレイリストチャンネル再生機能、番組編成機能、インジェスト機能、プレビュー&MAM機能の内、           プレイリストチャンネル再生機能を除く機能を別クライアントへ移動し、分散します。

3.  コールドスタンバイ

     T-PLAYサーバのクローンを作成し、必要な時に、 メイン機を停止したうえ、ライセンスドングルをクローン機へ挿し、                 クローン機を以降メイン機として稼働させます。  *2システム同時稼働はできません。

4.  ミラーリング

      ソフトウェアライセンスが完全に同様な2式のT-PLAYがミラーリング稼働します。

      *ストレージ量は一致する必要はありません。

T-PLAYはユーザが望まれるリダンダンシーと冗長機能を有する下記のオプションを搭載可能です。​

*既に導入中のお客様においても提供可能