LG Monitor.png
teclasystem_colorCS2__edited.png
サーバ1台で1チャンネルまたは2チャンネル、サーバの追加でさらに1チャンネルづつ
拡張可能な ​統合型番組自動送出システム
t-play logo_edited.png

Master Control In-A-Box​

ケーブルテレビ局のお財布に優しいチャンネルインナボックス番組自動送出装置T-PLAYは1台の筐体で最大2チャンネルのコミュニティチャンネル送出が行えます。
コミュニティチャンネルの運用に必要な番組編成、編成に基づいた完パケ素材・回線映像の再生、回線録画、完パケ素材のプレビュー、OFDMヘッドエンドへのEPG出力、そしてライブテロップを装備。
​十分不可欠な機能を備え、初年度サポート費用を含め、4TBのメディアストレージを備え、1ch仕様で285万円(SDIルータとGUI用ビデオモニターは含まず)で提供。

T-PLAYは市販されているコスト・性能・安定性に優れたマルチコアCPUのワークステーションPCをプラットフォーム、ビデオ入出力インターフェイスを採用、各社OFDMヘッドエンドに対応したプレイリストマネージメント、送出制御、ビデオサーバー、 グラフィックスを統合しており、T-PLAY 1台でケーブルテレビコミュニティチャンネルの運用を全て賄えます。

T-PLAYはSDIルータを使用したHD/SDまたは4K送出はもちろん、RTMP HLS DVB-TSストリーミングによるサイマルキャスト送出も可能、まさに現在の環境に適合した番組自動送出システムです。

まずはその機能をご覧ください。これだけのことが貴方のチャンネルで実現できます。

おもな機能

  • プレイリストに基づく、メディア、回線、グラフィックス   イベント送出

  • メディア、回線イベントにテロップ・時計・ロゴ・L字グラフィックスの重畳 (プレイリスト)

  • 送出中のメディア、回線イベントにテロップ・時計・ロゴ・   L字グラフィックスの重畳 (オン・ザ・フライ)

  • 回線ソースルーティングスイッチャの制御(送出と録画)

  • インターネットストリーミング、ベースバンド、NDIを放送 素材が放送ソースとして使用可能

  • ​ベースバンドとストリーミングのサイマルキャスト放送

  • オンザフライとスケジュール録画

  • アンタイム、シーケンシャル、確定 3つのイベントタイプ

  • ベースバンドルータ、インターネットストリーミング、メディアファイル素材から選択可能な自動フィラー送出(未着素材・イベント切れ)

  • OAイベント出力のリアルタイム・デスクトップモニタリング

  • ラウドネス(TR-B32)コントロール

  • ​メディアファイルの仮想分割(マルチセグメント)

  • 複数のイベントを1つのイベントとして管理可能なブロック    イベント

  • イベント間のギャップを自動的に埋める自動フィラー

  • EPG自動生成とアップロード

  • まだら編成可能(x1HD/x1SDまたはx1HD/x3SD)             
    まだら機能は別売オプションとなります。

  • オンプレミス(ローカルストレージ)とネットワークストレージ間でのメディア自動転送

  • ​様々なフェイルセーフオプションの提供                         
    *ファイルセーフ欄を参照ください。

​対応フォーマット

  • マルチフォーマット入出力

SD : 525i59.94 (NTSC)

HD 1280×720   : 720p60, 720p59.94, 720p50,

HD 1920×1080 : 1080i60, 1080i59.94, 1080i50, 1080p30, 1080p29.97, 1080p25, 1080psf30,                                              1080psf29.97, 1080psf25, 1080p60, 1080p59.94, 1080p50.

2K 2048×1080 : 1080p30, 1080p29.97, 1080p25, 1080psf30, 1080psf29.97, 1080psf25, 1080p60,                                      1080p59.94, 1080p50,

        4K 3840×2160  4096×2160, in 8 or 10-bit, 2 Sample Interleave or Square Division

                         : 2160p60, 2160p59.94, 2160p50, 2160p30, 2160p29.97, 2160p25, 2160p24,

                           2160p23.98

  • ​マルチビデオコーディック

MPEG1 / MPEG2 / H.264, MPEG4 AVC (intra e Long-GOP)
HEVC (intra Long-GOP) / H265, XAVC (intra class 300 or Long-GOP),
ProRes 4:2:2 HQ, HDV, DV, DVCPro, DVCPro HD 

AVI, MPEG, MP4 WMV, ts, Quick Time (mov) ,MXF, LXF, GXF, SAF

  • IPストリーム入出力

      SMPTE 2022-6, 2022-7, 2110, NDI, 各種RTMPプロトコル

      *  をご利用の際はサードパーティの専用ボードが必要です。

      *  使用可能ボードAJA   BlueFish  Deltacast

​アプリケーション例

​小規模ケーブルテレビ向け実装例
ここをクリックするとオンエア監視画面をご覧になれます。
tecla%20deployment_1RU%E3%82%B5%E3%83%BC
​4K放送向け実装例

​ファイルセーフ(リダンダンシーと冗長機能)

T-PLAYはユーザが望まれるリダンダンシーと冗長機能を有する下記のオプションを搭載可能​

*既に導入中のお客様においても提供可能

  1. 入力信号ハードウェアバイパス​

     サーバー機電源遮断、アプリケーション停止時にパススルー端子へ入力された外部回線信号をそのままオンエア出力にします。

     コーディックハードウェアにリレーバイパス機能を搭載します。

2.機能分散

     T-PLAYが搭載しているプレイリストチャンネル再生機能、番組編成機能、インジェスト機能、プレビュー&MAM機能の内、プレイリスト         チャンネル再生機能を除く機能を別クライアントへ移動し、分散します。

 

3.  コールドスタンバイ

     T-PLAYサーバのクローンを作成し、必要な時に、 メイン機を停止したうえ、ライセンスドングルをクローン機へ挿し、クローン機を

     以降メイン機として稼働させます。  *2システム同時稼働はできません。

4.  ミラーリング

      ソフトウェアライセンスが完全に同様な2式のT-PLAYがミラーリング稼働します。(プレイリスト とビデオファイルは常に同期)

      *ストレージ量は一致する必要はありません。

フェイルセーフ説明.png
コールドスタンバイ.png
ミラーリング.png
KONDO LOGO-small.png

株式会社コンドーブロードキャスト

Phone:03-3302-4991