4K対応

ラウドネス測定・補正ソフトウェア

2012年10月1日から日本民間放送連盟加盟放送局とNHKで開始されたラウドネス運用
今日、テレビ以外のインターネット上の映像ストリーミング配信においても実施されるようになっています。eFF (エモーション・ファイル・フィックス)は放送業界のデファクトスタンダードであるMXF OP-1aビデオファイル、4K解像度に対応したXAVC Class300、オーディオファイルであるAIFF BWF WAV等の非圧縮オーディオファイルをそのまま読み見込み、ARIB TR-B32、世界各国、各種ストリーミング用のラウドネスコンプラスに適合させるためのラウドネス測定と補正が行える万能なラウドネスツールであり、
ファイル納入された素材のラウドネス適合に最適なワークフローを提供します。

​​特長

  • WindowsあるいはMAC OS上で動作するビデオとオーディオのファイルベース・ラウドネス測定・補正ソフトウェア

  • eFF Measure(測定のみ)、eFF Comply(測定と補正)、eFF Comply+(測定補正をウォッチフォルダ動作)の3機種をラインナップ

  • ARIB TR-B32にプリセットの他、各国の規格、ストリーミング用プリセット装備。プリセットのリセットのカスタマイズが可能

  • MXFフォーマット(XAVC、XDCAM HD422/420)、HDV、MOV、LXF、GXF、RAW-MPEG、WAVとAIFFオーディオフォーマットに対応 *詳細は対応フォーマット表を参照

  • PanasonicP2 (OP-Atom)とDolby™ E にオプションライセンスで対応

  • タイムコードを指定し区間測定と補正が可能

対応フォーマット

​​ソフトウェア機能

  • 手動読み込み、バッチフォルダによるビデオファイルのラウドネス自動測定と結果出力
      (インテグレーティッド・トゥルーピーク・ラウドネスレンジ・最大PPM値)

  • ヒストグラム表示(インテグレーティッドとPPM)

  • 各種音声モード対応(Lモノ・シングルステレオ・デュアルモノ・デュアルステレオ・5.1+S)

  • ヒストグラム表示(インテグレーティッドとPPM)

  • ラウドネス補正とノーマライズ補正

機種別機能比較
動作環境

OS:      windows7/8.1/10  windows server 2008R2/2012R2/2016

            MAC OS 10.4以降

RAM  :  8MB 以上

HDD  : 250GB以上  *ウォッチフォルダの容量は別

CPU   : Intel i3/i5/i7 /Xeon   *i5/i7のマルチコアモデルを推奨