ポストプロダクション

ツール

いま1つのビデオメディアは複数のメディアプラットフォームで使用されるようになっています。
1つの作品が地上波、BS放送、YoutubeやNetflixに代表されるインターネットプラットフォームで使用されてきています。プラットフォームごとに素材受け入れ基準が異なり、素材納品までのワークフローは複雑化しています。例えばファイルSOMの付け替え、ラウドネスレベルの変更、ダウンミックスの追加等があります。
エンジン『eNGINE』を使用することでオペレータが作業せざるを得ない納品までの複数の作業工程の実行をを自動化し、同時に複数の異なる処理をリアルタイムより遥かに短時間で得ることができます。

運用例

それぞれ異なるSOMを持つMXFファイルを統一したSOMに差し替え、かつラウドネスTR-B32を適用

『eNGINE』の機能
  • ファイルSOMの差し替え

  • ラウドネス補正

  • チャンネル再配置とミュート

  • ドルビーEエンコードとデコード

  • ドルビーデジタル・プロとドルビーデジタル・プラス・プロ・エンコード

  • ドルビーEとドルビーED2ガードバンド補正

  • ドルビーEエンコードのラウドネス補正

  • ドルビーデジタル・プロとドルビーデジタル・プラス・プロ・エンコードのラウドネス補正

  • ステレオから5.1へのアップ・ミックス

  • 5.1からステレオダウン・ミックスとステレオからモノラルヘのダウンミックス

  • セグメントを含んだ音声トラックのWAV出力

  • AIFF/WAVからのオーディオ挿入

  • アドバンスド解析とXMLリポート(ドルビーE、ドルビーデジタル・プロ、ドルビーデジタル・プラス・プロエンコード音声のAC3メタデータ 

  • コントロールトラックを使用したオーディオ・ディスクリプター(コメンタリー)挿入

  • オーディオトラック数(チャンネル)の増減

  • オーディオ・ピッチ、あるいは デュレーション調整

  • MXF、あるいはQT/MOVファイルのストリーム構造変更

  • 言語タグ、チャンネル・レイアウト・メタデータの挿入

  • MPEG2ビデオファイルとWAVファイルからのMXFファイルラッピング

『eNGINE』がサポートするフォーマット

  • MXF (OP1A)

  • MOV (Quicktime)

  • MP4 コンテナの AC3 *ラウドネスプロセスのみで動作

  • MPEG TS                *ラウドネスプロセスのみで動作

  • M2V MXF               *ファイルへのラッピングのみ

  • WAV

  • AIFF

  • LXF

  • GXF

適用可能なラウドネススタンダード

  • TR-B32

  • BS-1770

  • BS-1771

  • EBU R128

  • DPP

  • ATSC A85

  • OP59

  • AGCOM 219/09/CSP

 
『eNGINE』は2018年7月以降、Netflixに完全に適合したカスタムパラメータを保有しています。

​内容については個別に対応させていただいておりますのでご相談ください。

処理速度

  • 処理速度は個々の実装、特にネットワークとストレージの速度に依存します。

  • リアルタイム処理比較30〜50%

  • 毎日10,000時間の動作実績

動作環境

OS:      windows8.1/10  windows server2012R2/2016

           MAC OS 10.8以降

RAM  : 16GB 以上

HDD  : 250GB以上  *ウォッチフォルダの容量は別

CPU   : Intel i5/i7 /Xeon   *i5/i7のx4マルチコアモデル以上を推奨

            *x2プロセス当たり、4コアで算出、プロセス数によりCPUコア数が異なりますが、

              少ないコア数で動作しないことはありません。