kondobc
Etere etx チャンネル・イン・ザ・ボックス
extはインジェストからグラフィクスを含んだプレイアウトまで可能なSDIとIPをサポートするHD&4K『チャンネル・イン・ナ・ボックス』。


etx チャンネル・イン・ザ・ボックス 
インジェストからグラフィクスを含んだプレイアウトまで可能な
SDIとIPをサポートする、チャンネル・イン・ザ・ボックス システム



 etx-構成図


etxはHDと4Kに対応した番組⾃動送出・ビデオサーバ・グラフィックス機能を1つの筐体に統合した『チャンネル・イン・ナ・ボックス』です。 従来の放送⽤ビデオサーバのアーキテクチャを排除し、ベースバンド入出力I/O以外特別なハードウェア不要な100%ソフトウェアプロダクツです。コンテンツのベースバンドあるいはIP経由のインジェストから高度な3Dグラフィクスを含む、ベースバンドとIPのプレイアウトまでのワークフローがこの1台で完結できます。


 etxを使用した、ベースバンド・IP同時再生システム(例)



レガシービデオサーバのアーキテクチャを排除し、オートメーション機能を装備したチャンネルインナボックスとして製品化。リモートコミュニケーション上のあらゆる限界を排除し、システムをより早く、フレキシブルなシステムを実現。






主な機能と特長

  • チャンネル・イン・ザ・ボックス
    本機1台でベースバンドインジェスト、ファイルインジェスト、3Dグラフィックスを含めたビデオクリップをルーティングスイッチャを制御しながらプレイリストに基づき、あるいはマニュアルで送出可能な完全⼀体型番組⾃動送出ソリューション

  • IP 4Kに対応
    IPライブストリーミング録画、ファイルインジェストされた素材をIP 4Kでプレイアウト可能。しかも IPルータのポート制御をしながらIP素材間でスイッチングしながらプレイアウト可能

  • ベースバンドと IPのサイマルキャスト
    1つのプレイリストに上でHD/SD SDIとIPストリーミングの同時再生が可能。異なった解像度とフォーマットの複数ストリーミング可能。ベースバンド出力に自動Up/Downコンバート搭載、RTP/RTSPプロトコルをサポート

  • オンエアグラフィック機能
    最大8レーヤの静止画ロゴ、アニメーションロゴ、クロール、業界標準フォーマットのグラフィクスインポート(アルファチャンネル使用可能)Adobe FlashグラフィクスとFlash AutoScript2.0&3.0を使用した高性能なグラフィクスが可能

  • コンテナ:MXF, AVI, GXF, QT
    コーディック:HEVC, XDCAM, XDAM-EX, AVC-Intra, AVCHD, ProRes, HDV, DVCPRO他

  • 冗長
    ユーザの要求に合わせた様々な冗長構成が可能

  • 長期間のハードウェア・ライフタイム
    日本製のサーバプラットホームを採用し、24x7、標準6年のハードウェアメンテナンス、6年目以降は1年ごとの更新が可能、ハードウェアのみの更新を提供可能とし本機の減価償却を有利にできます。