SCTE35自動蓋被せ・差替え
オプション

テクラシステムズのチャンネルインナボックス『T-PLAY』にはIP配信されるストリーム中のSCTEパケットを検出して、そのストリームを受信する側で到来するストリーム中の映像音声に蓋被せを行ったり、映像を受信する側のビデオファイル再生ができるオプションPLAYBEEが準備されています。

蓋被せは次の用途で主に使用されています。

  • 配信される映像音声の著作権保護

  • CMやプロモの自動挿入

  • SCTEパケット中のスプライス挿入コマンド、スプライススケジュールコマンドに対応してT-PLAYのグラフィクスシナリオを   自動起動

  • 黒画面あるいは任意の静止画に対して任意のテキスト、差替え映像、L字イメージをコマンドに応じて自動挿入

  • 2k/4k解像度のIP RTMPに標準対応

  • すべてのパケットをパススルー出力

​機能

効果

  • 著作権保護される映像区間に対して自動的に蓋ができます

  • 垂れ流し再送信する番組に対してローカル(自局)側のコマーシャル  プロモ映像を自動挿入しますので、下り回線のイベント作成が不要になります

  • T-PLAY内蔵T-CGを使用するだけで自在なグラフィックスシナリオを制作できます​

​ファイルセーフ(リダンダンシーと冗長機能)

  • メインとバックアップのT-PLAYは常時ミラーリング動作​

 

  • UDPポートで互いを監視​