九州放送機器展出展のご案内

当社は7月31日から8月1日の間、福岡国際センターで開催される九州放送機器展にチャンネル・イン・ナ・ボックス 『OneGenie』と『T-PLAY』を出展いたします。

APC・ビデオサーバ・コンテントマネージメント・グラフィックスが1つにITサーバ内に統合され、これ1台コミュニティチャンネル運用の全て賄える『OneGenie』と『T-PLAY』に触れていただく絶好のチャンスです。​万事お繰り合わせの上、ご来場ください。

【展示内容】

  • チャンネル・イン・ナ・ボックス『T-PLAY』

     12G-SDIインターフェイスを備えた4Kコミュニティチャンネル放送が直ぐに可能なチャンネ         ル・イン・ナ・ボックス。

     2K<>4Kの自動アップダウンコンバートによる通常のHD-SDIによる2K放送、さらにIPによる        配信機能も搭載しています。

     マスター設備に必要なインジェストから様々なグラフィックスを重畳したプレイアウト、

     ケーブルテレビに必要なワークフローの全てを備え、2K/4Kプレイアウトが可能であるにも係       らず、ケーブルテレビ局の体力に合わせた資金的に無理の無い、構築が可能です。

  • チャンネル・イン・ナ・ボックス『OneGenie』                                                                    マスターコントロールルーム機能が1台のITサーバに凝縮された搭載、それは放送機器自動制御機能、   ビデオサーバ、CMS (コンテントマネージメント)、L字やロゴ・時計挿入等のグラフィックス機能を2RUの市販エンタープライズサーバに搭載。従来、4台以上の別々なサーバ機で行っていたコミュニティチャンネルサービス3チャンネル分を1台の2RUサーバで稼働させます。

  • アルファ・アイ『Alpha Eye』​                                                                                            魚眼レンズや広角レンズを装着した2k(1080i/1080p)カメラのライブ映像イメージをリアルタイムに普通の平面化されたイメージに補正できるハードウェアです。サッカーのゴールマウス、テニス、バスケットボール、クリケット、F1、医療、セキュリティ、野生生物の映像のキャプ チャ等のライブ中継と収録で効果を発揮します。

開催期間         : 2019年7月30日から8月1日

 会場              : 福岡国際センター

開催所在地      :  福岡市博多区築港本町2-2

スタンド番号   : B131 

​スタンド表記   : コンドーブロードキャスト

 

 

 

 

 

 

交通               :