マリーナ

ペベルビーチの先進のプレイアウト、

配信オートメーション用番組自動送出装置

PebbleBeachLogoCol.png

番組自動送出装置マリーナは日本を含む様々な国々の国営放送、民間放送、DTHプラットフォームにおいて1,200チャンネルを超える稼働実績があります。使いやすく、豊富な情報を持つユーザインターフェイス、選択可能な冗長構成、システムの耐障害性、拡張可能性を併せ持ち、パワフル、そして1チャンネルから数100チャンネルのシステムまでのスケーラブルなプレイアウト設備の構築ができます。windows2012R2、windows2016 Windows 64ビットに対応しており、これからの10年間のプレイアウト業務を支えます。

​主な特長

  • 堅牢なプレイアウトコントロール

  • マルチチャンネルプレイアウト (1chから数100chまでの集中制御)

  • ベースバンドレコード(VTRと回線)

  • ファイル自動インジェスト(NASからのファイルの移動と登録)

  • ​​未到着ファイルの登録とプレイリスト、EPGへの反映

  • ARIB準拠 EPG自動エクスポート

  • コンテントマネージメントデータベース (CMS) によるメディア管理

  • 被制御機器としてRS422とIPコントロール双方の​デバイスが使用可能

  • コンテントマネージメントデータベース (CMS) によるメディア管理

  • メディア検索閲覧 プレビュー用サムネイル、プロキシビデオ自動作成

  • ​強力なプレイリスト作成編集機能

  • 使いやすく、豊富な情報を表示するユーザインターフェイス

  • 豊富な冗長アーキテクチャオプション

  • ​ユーザごとの操作権限設定

  • ​日本語化されたユーザインターフェイス

  • デバイスコントローラ2RU、 メディアデータベース1RU、 ホストサーバ1RUの合計4RUの実装スペース、冗長コントローラ追加の場合は6RUの実装スペース