テープ素材エンコード

現在、テープをVTRデッキに装填して、オンエアあるいはテープでユーザへは配布することは殆ど皆無と

なっています。しかもVTRデッキのメンテナンスが終息しています。

過去の映像資産が記録されているビデオテープを今、そして今後 いつでも再利用可能にするには、まず

ベースバンド記録された映像資産をビデオファイル(MXF-Op1a等)に変換し、パソコンやビデオサーバで

再生できる状態にする必要があります。

当社ではお客様のテープを預かりしてビデオファイル化して所定メディアに記録して納品をいたします。

テープ素材エンコード作業フロー

対応ビデオテープフォーマット

対応ビデオテープフォーマット

DVCAM    DVCPRO   DVCPRO50

Betacam   BetacamSP  BetacamSX  Digital Betacam

SVHS

Umatic  *Umaticについては事前にお問い合わせください。

生成ビデオファイルフォーマット

XDCAMHD 4:2:2 50mbps  x1 Stereoペア

エンコード料金

​テープタイムコードオプション

テープ上の映像信号記録開始タイムコードと生成されるMXFビデオファイルの記録開始タイムコード値を一致させます。

このオプションを付けない場合、生成されるMXFビデオファイルの記録開始タイムコード値は一元的に00:00:00;00となります。

​プロキシオプション

簡易メディアアセット(MAM)での使用を考慮し、MXFフォーマットでの生ビデオファイルの他に​タイムコードを焼きこんだ

MP4プロキシの提供も可能です。

​デスクトップから映像資産のプロキシにアクセスして、即座に必要な場所を検索して、編集用等による再利用が可能になります。

SeaChange MSV1200

​主要設備

高品質・短納期・お手頃な価格でお客様に当サービスをご利用いただくために、当社では下記装備をしております。

Digital Betacam Flexicart

DVCAM Flexicart

DVCPRO AJ-D850  AJ-D4455

SVHS AG-DS555